劇的決勝弾の井手口陽介、得意のミドルは「何回か打ってやろうと思っていた」

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ミドルで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、決勝点を挙げた井手口がフラッシュインタビューに応じた。

試合は後半アディショナルタイム、川又堅碁の左からのクロスを今野泰幸が頭で折り返すと、走り込んでいた井手口が弾道を抑えたミドルを突き刺し、日本が最後の最後で決勝点をマーク。試合はそのまま1-0で終了した。

「コン(今野泰幸)さんが見てくれてると思って走り込んだんですけど、ちゃんと見てくれてたんで抑えることだけに集中して蹴りました。相手が引いてたんで何回か打ってやろうと思っていたんで、それが最後に出て良かったです」

そして、井手口はこの試合を通じて課題が何かをしっかりと把握している。

「(ボールを)取ったあとに付けるボールは大事だったと思うので、もっともっと裏やサイドにボールを供給するなり、色々工夫して攻めれたら良かったと思う」